正社員を目指しやすい仕事

福祉の仕事は、未経験でもやる気があれば雇ってくれるところが多い。はじめは、研修やOJTを通じて福祉に関する知識を深めることが大切だ。そして、そこで頑張って仕事が認められれば、数年ほどでアルバイトやパートから正社員になる人もかなりいる。福祉の仕事で正社員を目指すのは、それほど困難ではないだろう。
福祉の仕事は、優しさや思いやりがあれば誰にでもはじめられる。しかし、身体的な介助をすることで腰を痛めたり、認知症などの精神病の方と接することで精神的に疲れてしまったりと、体力・精神的に辛くなってしまう人もいるのだ。福祉の仕事を続けるためには、自分自身へのケアも大切になってくる。仕事にやりがいを見出せれば、長く働けるだろう。
そして、正社員へなるために資格を取得するのもおすすめだ。福祉の仕事で実務経験を積めば、たとえ福祉系の学校を卒業していなくとも、さまざまな資格を取得できるようになる。例えば、介護初任者研修は指定の研修を受ければ資格が取得できるのだ。その資格を取得して実務経験を積むことで、国家資格である介護福祉士の資格試験を受験できるようになる。また、実務経験に加えて専門学校へいくことで、社会福祉士の資格取得を目指す人もいるようだ。さらに経験を積めば、ケアマネージャーの資格を取得することも可能である。
このように、未経験やアルバイトからでも十分正社員を目指せるのが、福祉の仕事といえるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です